Decoration Dreaming!

(●・▽・●)

THE IDOLM@STER 765 MILLIONSTARS HOTCHPOTCH FESTIV@L!!

ごった煮というコンセプトそのままで、何が来るかわからない驚きと楽しみに満ちたライブでした。予想を外してくる選曲ゆえに期待していた曲が聴けなかったりはしましたが、思いもよらぬ曲が聴ける喜びもあって、ライブに「驚き」を期待する身としては素直に良かったなと思います。765がこれまで歌ってきた曲をミリオン勢に繋げていく意味もあったのかなと。

両日ラストチャンスで確保したステージサイド席で西ブロックだったのですが、1日目は2階の最後列だった一方、2日目は1階スタンド前方でステージが非常に近く当たりでした。時々カメラが邪魔だったり眩しかったりはしましたが、やはり近さは正義。CD先行より良い席だったんじゃないだろうか……。

1日目。

  • ついに『Welcome!!』先輩にWelcomeされたぞ。

  • この日の見所は何といっても『KisS』で、もちょはらみーという両思いコンビが歌うの最高でしたね。

  • リコッタ勢としては中村繪里子が『HOME, SWEET FRIENDSHIP』を歌い始めた時点で万感の思い。

  • 『スマイル体操』うえしゃまがジャージ姿でキレッキレのダンス披露してるのが良かったです。

  • ようやく生で聴けた『I want』。愛美がギター引いてるのがめっちゃ良かった。『キラメキラリ』でギターソロかもーん!で愛美が登場したのもぶち上がりましたね。

  • 『ザ・ライブ革命でSHOW!』でナンスが歌ってたパート(はげしく!)が「ナンス!ナンス!」にしか聴こえなかったのが個人的にツボでした。

  • 『Raise the FLAG』かっこ良すぎか。

  • 戸田くんの想いが詰まった『Beat the World!!』、最高に楽しかったです。タオルぶん回しました。

  • ついに生でオリジナルメンバー『ハルカナミライ』が聴けたなあと。感慨深い……。

2日目。

  • 基本的にすべてが近かったのですべてが最高。特に『リフレインキス』でこっこちゃんが目の前に来てくれたの最高としか言いようがない。

  • 歌マスのときもけーこおねーさま、こっこちゃん、いなえり、まちこがこっちに来てめっちゃ手を振ってくれるという神ポジションでござった。

  • 『READY!!』でめっちゃキレッキレのダンスしてる人がいるな?と思ったら神で笑った。

  • 最初のトークでカメラ前でみんながアピールしているとき、後ろで稲川英里がぴょんぴょんジャンプしてた(けどたぶん映れてない)の面白かった。

  • 最初のブロック、桃子ちゃんの『Sweet Sweet Soul』に朋花様の『リフレインキス』、伊織桃子の「わかった?」コンビによる『Understand? Understand!』、とどめに『Shooting Stars』といきなり殺しに来ていた。最高か。

  • 美希と翼の『マリオネットの心』、強い。

  • arcadia』、新メンバーの香里有佐さんがミンゴスに引けを取らない歌声でびっくりでした。すげえ。

  • 『ジャングル☆パーティー』がめちゃくちゃ楽しいのは言うまでもないんですけど、あさぽんといなえりがこっち側だったので最高でしたね。そして神が完全に草で草。

  • 『アライブファクター』、問答無用で本日のベストアクトという感じでした。待望のオリジナルメンバーでの歌声のぶつかり合い、二人のガチバトル。2番とラストのロングトーンでバトってたのほんと凄まじかったです。リリイベでも見てたんですけどそこからの進化が凄い。そして3rd幕張の歌詞改変を経て、ようやく「君に憧れ」「君を待ち焦がれ」になったんだなあと。

まさに「お祭り」という感じのライブで、普段の周年ライブではなかなかできない楽しさに満ちていたと思います。次の765単独ライブやミリオン5thにも期待していきたいですが、こういう形式のライブも周年ライブとは別軸でこれからも続けてほしいなと。1年に1度くらいやってくれると嬉しいですし、願わくばシンデレラとミリオンの合同ライブとかも見たいなぁと思います。M@STERS OF IDOL WORLDは今となっては色々と難しいかなという気もするので……。

ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 2nd LoveLive! HAPPY PARTY TRAIN TOUR

アニメという物語を乗せて、Aqours自身の一歩を踏み出した1stライブから半年。次の一歩となる2ndライブはアニメ2期の直前ということで何を見せてくれるのか注目でしたが、アニメに頼らない「Aqours」としての挑戦をしている印象でした。Aqoursを割としっかりと追いかけている人たちがメインターゲットというか、アニメで興味を持った人に裾野を広げるのはあくまで1stの役割で、そこから全力でついてきた人たちに満足できるものを届けるのが2ndだったのかなと。

名古屋・神戸はアニメの曲をほぼ外して、まだ披露されていないBD特典曲やBD全巻購入特典曲を中心としたセットリスト。かなり挑戦的というか玄人向けというか、正直あまり初心者には優しくないライブでしたね……。アニメの曲を外してもこれだけのものが見せられるというのは地力の高さでもありますし、Aqoursをしっかり追いかけている人には満足度高かった気もしつつ、BD曲ほぼ知らなかった自分はちょっと乗り切れなかった感じ。予習不足と言われてしまえばそれまでですが、音源の入手難易度高すぎませんかね……。

埼玉のほうは、アニメ曲が若干増えたことに加え、デュオトリオCDの曲が入ってきたことで知ってる曲が増えて楽しかったです。特に素晴らしかったのは『真夏は誰のモノ?』で、衣装とパフォーマンスがほんと完璧でした。衣装を投票により選定し、1曲のために衣装替えをするそのフットワークの軽さはラブライブ!のライブの良さだなと思います。インフェルノフェニックス、見惚れてしまいましたね……

この写真からも分かるんですけどこの二人がまさに黒澤姉妹って感じで尊かったです。身長差とか衣装とか、全てがかっちりハマってた感じ。フラメンコ的な踊りも実にサマになっていましたしレベル高かったです。曲自体は割とノーマークだったのに完全に魅せられてしまって、これぞライブの醍醐味だなあと。この曲を見たいがためにBD買おうか悩むレベルで良かったです。そして降幡愛さんの可愛さにこの曲で気付いてしまった……。

ユニット曲ゾーンでは『コワレヤスキ』が良かったです。ユニットはどれもそれぞれの良さがあるんですけど、自分はやっぱりGuilty Kissだなあと改めて思いました。好き。参加した日程的に『Guilty Eyes Fever』は聞きそびれてしまったので、またいつか聴けるチャンスがあると良いなぁと。あとは『スリリング・ワンウェイ』が盛り上がれる曲で良かったです。『SKY JOURNEY』もかっこよくて好き。あとどうでもいいところでは、MC中にカメムシが衣装に止まって駆除したりといったシーンが見られるのは西武ドームならではという感じで面白かったです。

全体としては初心者には優しくないところもありましたが、Aqoursの新たな一面を見せてくれるライブでもあったかなと。1stで一歩踏み出した彼女たちの、進める先を増やすための足場固めという感じでした。この後始まるアニメ2期を経て、3rdライブではさらなる飛躍を見せてくれると思うので期待したいと思います。まあまた西武ドームなので現地行くのは若干及び腰ではありますが!が!

ところでPR動画でμ'sが喋って会場が湧いたスクフェスALL STARSってμ'sが新曲出したりライブやったりするんですかね。ここでμ'sというカードを切ってくるとは思ってなかったので、この先何が起こるのか楽しみであり不安でもあり。

Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-

毎年恒例のアニサマ。 今年はとりあえずミリオンがいた2日目に行くことを決め、水樹奈々やLiSAがいて強い3日目も考えた末に申し込み、最初の発表時点ではけもフレくらいかなあって感じだった1日目はスルーしたのですが、その後の追加発表で見たい人たちがだいたい1日目で、なかなか難しいというか追加発表していく形式やめてほしいなと思ったり。とはいえやっぱりアニサマは夏の締めくくりという感じのイベントで、何だかんだで今年も楽しかったです。軽く感想などを。

2日目。

  • angela、相変わらずのボケ倒しっぷりが最高。『全力☆Summer!』楽しかったです。あのバナナマンに笑う。

  • キンプリは映画は結局最初のやつしか見てないのですが、『CRAZY GONNA CRAZY』『EZ DO DANCE』が聴けるとは思わず。DJ KOOは誰?って感じでしたが楽しかったです。

  • i☆Risは基本的に動いてなんぼってイメージが強い中で、切り札ですと言って歌った『イチズ』がなかなか凄かったです。こういう曲も歌うんだなあと。

  • 中島愛。ようやくアニサマ始まった!って感じでした。『TRY UNITE!』は何の曲だこれ、って思ってたら「まるっ!」でラグランジェの存在を思い出せたり。そしてやっぱり『星間飛行』はエモい。「キラッ☆」できてよかったです。

  • 三森すずこはやっぱりかわいいですね。

  • スフィア。それほど曲知ってるわけでもなく、毎回「聴いたことある気がする」くらいの感じなのですが、それでも毎回盛り上がれる強さがあって、貫禄あるなと思いました。そしてPPPHとかのノリがすごく落ち着くというか、素直に楽しいなあと。

  • プリキュア駒形友梨がソロでアニサマの舞台に立っているのがなんというか感慨深かったです。

  • Minorin Mimorinって完全にダジャレでしかないしそれだけのために茅原実里をシークレットとして呼ぶのかよみたいなところはあるけど、でもやっぱり『Don’t say “lazy"』はブチ上がるよね……。オリジナルメンバーがスフィアに2人いるやんけみたいなのもあったけど、まあそれはそれ。最高に楽しかったです。

  • fhanaはやっぱり良いなあ。ケビンが楽しそうにはしゃいでるのを見て和みました。そしてこの日一番楽しみにしていた『青空のラプソディ』が最高でした。ライブもまた行きたいですね。

  • 誰だこの人、でもめっちゃ歌上手いな、とか思ってたら氷川きよしだったでござる。ドラゴンボールの主題歌歌ってたのか知らなかったよ! まさかズンドコきよしをやることになろうとはまったく想像してなかった。これぞアニサマ

  • ミリオン、まさかアニサマの場でメドレーとはいえあれだけの曲数をやるとは思わず。「ミリオンにはいろんな曲があるよ!興味持ったら調べてみてね!」と言わんばかりの強い曲+個性的な曲のチョイスで、モニターにしっかり曲名と演者名を出すアイマスライブ仕様。個人的にはやっぱり『アイル』が刺さりまくるというか、まさか『プラリネ』→『アイル』の流れをアニサマでやるとは思わなかったので、そりゃMachico歌い始めた瞬間「あああああああ!!!!」って叫んじゃうよねっていう。最高でした。来た甲斐あった。

  • fripSide、やっぱり人気あるんだなあと。『only my railgun』はやはり良いものです。

3日目。

  • きっと来るだろうと思われていたMay'nが予想通り登場してのLiSAとのSAO→AWコラボ。シークレット感は全くなかったけど何だかんだで熱い。

  • 実質トップバッターを上坂すみれの『Inner Urge』が飾るという流石っぷり。SOX!コールできたの楽しかったです。

  • 何気に「現地」で見るのは初なSideM。初めて聞いた『MOON NIGHTのせいにして』がヤバかったです。そして安定のSEMのたけのこも見れて満足。

  • 水瀬いのり、2日目のプリキュアはともかくとして基本的にはナナシスでしか見たことなかったので、あまり歌上手い印象ではなかったけどめっちゃ歌上手いな! 『アイマイモコ』凄い良かったです。

  • 奥華子はなんといっても『ガーネット』。時かけの映像を流しながらのこの曲を生で聴けるのはやっぱり貴重な機会だったなと思います。エモすぎた。

  • 小倉唯はなんというか本当に「アイドル」だなあと思います。ゆいかおりとしての小倉唯は好きだった一方で個人としての小倉唯はそこまででもなかったんですが、単独でも強いなとちょっと認識を改めたり。『Future Strike』は歌詞がまさにビビストで最高だなと。そして『ハイタッチ☆メモリー』の会場のボルテージ上がった感が凄かった。

  • 今回のアニサマのテーマソングを作ったZAQ、「今夢が叶ってるんです!」というMCがグッと来ました。そして内田真礼上坂すみれが登場しての『Sparkling Daydream』が素晴らしい。前半ラストに燃え尽きました。

  • WUM、May'nが割と違和感なく溶け込んでいて良かったです。そしてWUGの衣装が可愛い。『Beyond the Bottom』は初めて行ったWUG単独である3rd舞浜のオープニングナンバーだったので印象がとても強くて、これをアニサマのステージで歌うというのは感慨深いなあと。

  • 2日目3日目と、今年のアニサマおジャ魔女推しはなんなのだろうか。世代ではあるんだけど別に刺さらないんだよね……。

  • TrySail、なんといっても『adrenaline!!!』が楽しすぎる。この曲で「いえーい!」するために来たと言っても過言ではない。着実に経験を積んでいるなと思うし、そろそろ単独行ってみたいなあ。

  • LiSAは去年のアニサマがヤバかったので楽しみにしていたんですが、今年もヤバかったです。全身全霊全力で歌っていることが伝わってくる熱さと、「大先輩にステージを引き継がなきゃなんねえんだ!」からの『Rising Hope』という流れが凄かった。これは一度単独に行ってみるのもありかもなあと思ったり。

  • 水樹奈々はやっぱり圧倒的だなと思いました。やっぱりトリはこの人だよなあと納得させられる貫禄の歌声。シンフォギアになのはと最近の曲中心で盛り上がりました。ラストを飾った『UNLIMITED BEAT』で「シンフォギアにこんな曲あったっけ?」となってしまったのはまあ予習不足でしたが!

そんな訳で今年も何だかんだで楽しいアニサマでした。毎年3日間行っている知人も多いですが、自分はやっぱり推しがいるかどうかが重要だなあというのも改めて思ったり。セトリだけ見ると3日目のほうが明らかに強いんですが、完全燃焼した感があるのは2日目の方だったりするので。来年はどうなるかわかりませんが、またアイマスが来るならきっと行くでしょう。たぶん。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! 2017.08.12-13@SAITAMA

気がついたらもうライブから3週間も経ってしまった。

そんな訳でついに全国7ヶ所を回った5thツアーも千秋楽。昨年と同じキャパ16000のSSAアリーナモードでの公演ということで何考えてるんだ感はありつつ、1日目はLV、2日目はありがたいことに現地で参戦させていただきました。しかしコミケと被った上に、今年はコミケ2日目も行く用事があったので、両日ともコミケ→ライブというムーブでかなりしんどかったですね。次回以降はもっと平和的な日程でお願いしたく。

まずは1日目。

  • 最初の挨拶にダチャーンがいない……と訝しんでるところに先陣を切る『アップルパイ・プリンセス』。3rdで出演者に名前があることに喜び、リウムも注文したけど怪我で出演がなくなったあの時からずっと待っていたステージ。まだ固さはありましたがちゃんととときんでした。ブログも読むと一層の感動が。

  • やっぱりアーニャの『たくさん!』は新たな挑戦って感じで良いなと。MCでの「自然体でやっていい」みたいな話もとても良かったです。あとすみぺに対する春瀬なつみの「人間じゃない……」ってコメントが面白すぎましたね。

  • メロウイエローの『Kawaii make MY day!』、本当に可愛いステージでした。がんばって!ってコール入れるのも楽しい。下地紫野は本当に押忍にゃんだし、都丸ちよは本当にドーナツだなあっていう。そして藤田茜は主張しないけどしっかりと力強い歌唱力でサポートしていて、バランスの取れたユニットだなあと。

  • オリジナルメンバー『桜の頃』。初登場の田澤茉純さんが可愛かったです。地方公演でアピールする場がなかったのでトークとかでもうちょっとスポット当ててあげてほしかった感はありつつ、初ステージとは思えないほど馴染んでいた印象。あやめ殿って感じだったしちょっと注目していきたいところ。

  • 同じくオリジナルメンバー『Sweet Witches' Night』。やはり強かったのはとときんと、石川同様の圧倒的ぼののっぷりだった高橋花林。一気に引き込まれる妖艶な魅力がありましたね。

  • ぴにゃメドレー。宵乙女の『LET’S GO HAPPY!!』でまずUOを折り、しゅがはによる『メルヘンデビュー!』で盛り上がり、森久保の『あんずのうた』が最高で、子どもたちの『みんなのきもち』、セクシーな『DOKIDOKIリズム』、奈緒の叫びが素晴らしい『Never say never』とか色々ありましたけど、やっぱり一番は洲崎綾の『ミツボシ☆☆★』かなと。あの「ミナミツボシ」が超ショート版とはいえ聴けるとは。真っすぐ伸びていく透明感のある声が大好きです。

  • 『Take me☆Take you』。5周年記念ニコ生でパフォーマンスしていた3人が、1年経って成長して堂々としたパフォーマンスを見せてくれる姿がとても良かったです。

  • 佐藤亜美菜がセンターの『ハイファイ☆デイズ』にすごくエモさを感じる。もよちーもいつも通りにぴょこぴょこしていて、静岡2日目の様子のおかしさは払拭されていたかなと。とても楽しかったです。

  • 最後の退場時、おそらくアドリブだったんでしょうけど最後までステージに残り続け、何度も大きく旗を振って退場していくダチャーンの姿は強く印象に残りました。十時愛梨が初代シンデレラガールなんですよ。ありがとう。

そして2日目。

  • 超久々な『熱血乙女A』! この曲の披露は実に1stぶりなわけですが、1stの1日目は自分はLV含め参加していないので、ライブで聴くのは初なのですよね。コールを入れるのも楽しかったし、間奏で端から端までダッシュするところとか完全に日野茜だった……。

  • そしてまさかの『SUPERLOVE☆』。31人出演というソロ枠の奪い合いな中でこの曲をやってくれるとは思ってなかったので本当に嬉しかったです。そして当然超盛り上がる。おしりフリフリ可愛すぎたし開始数曲で既に全力でした。その後の『SUN♡FLOWER』ものじょがいたので第1ブロックにして汗だくで燃え尽きそうであった。あと随所のMCでお姉ちゃんの話題を出すのじょさんほんと莉嘉。

  • 髪型を完全に幸子に寄せてきた竹達彩奈による『To my darling…』。4thを経ての今でもまだ竹達彩奈がステージの上にいるのを不思議に感じるくらい貴重なステージだと思うので噛み締めながら聴いてました。

  • 待ちに待った念願の『リトルリドル』、もう見覚えあるあの映像が流れた瞬間叫んじゃったよね。しかものじょセンターですよ! 福岡で歌われなかったの結構ショックだったのでここで聴けたの本当に嬉しかったし、楽しそうに生き生きと歌うのじょを見れて幸せで満ち足りた時間でした。コール入れるのも最高に楽しかったしはやくフル音源が欲しい。惜しむらくはブロックラストの曲だったこともあり、時間の都合でMCがほとんどなかったのが残念。のじょがラップ曲を歌えたことに対する想いを聞きたかったのですが、それはまあまたの機会かな。LittlePOPSが揃って歌う日を待ってます。

  • 現地で一番化けたなと思ったのが『PANDEMIC ALONE』。大阪公演でも見ましたが、現地で見るこの曲の何が違うって、SSA後のニコ生でさっつんも言ってましたが、最初はみんな赤振ってるのにヒャッハーした瞬間に会場がみんなUO折りだして一面の燃え盛る炎になるんですよね。2番に入るとまた赤に戻り、ヒャッハーするとまたUO。これは会場で俯瞰して見たからこその楽しさだったなあ。もちろんさっつんの歌も本当に物が違う圧倒的なパフォーマンス。素晴らしい。

  • 『銀のイルカと熱い風』、割と難しい振り付けで、だからこそあしゃかさんを見てると惚れ惚れするのですよ……。

  • まさかの『Treasure☆』。シリアル付いていたからあるいはと思ってはいましたが本当に歌うとは……ある意味この日一番のサプライズだったかも。最初はデレラジ組だけが出てきて、ダメかもしれないところで現れるデレパ組という流れがミュージカルのようで楽しかったです。デレラジ☆のマンスリーパーソナリティが終わることを踏まえてのステージだったのだなと思うと今更エモくなってしまう。

  • DJぴにゃメドレー。いきなりの「ギャル友による『Radio Happy』」ですが、セクシーギャルズの2人に加えて莉嘉ちゃんがいるんですよ! これギャル友として一緒に遊んだりしているんだろうなって思わせてくれて嬉しかったですね。セクシーリトルギャルズってユニットもありますしね! あとは『エヴリデイドリーム』で種崎敦美をまっすぐ見つめるぴにゃが面白すぎた。ニュージェネ『Trancing Pulse』はそう来るか!と。あちこちでUOを折りまくっていたらUOが後半足りなくなったくらいには楽しいメドレーでした。

  • 宮城でも熱かった『∀NSWER』、今回はさっつんも加わり更に力強さが増して最強に思える。担当補正なしでSSAのベストを選ぶとこの曲か『PANDEMIC ALONE』になるかなというくらいに盛り上がりました。宮城出身アイドルとして美玲ちゃんにはとても思い入れが強く、そしてさっつんと張り合える歌声の力強さもあって朝井彩加さん凄いなあと。さっつんの凄さはもちろん言うまでもなく。インディヴィジュアルズが揃う日を待ってます。

  • 現地で聴く『Jet to the Future』は熱量が数段違う気がしますね。アツい。

  • 満を持してという感じの『ラブレター』。アニメラストでの響子ちゃん登場、3rdでのソロ発表から、新宿の地下通路をサイゲがジャックしていた時にPCSイベントが発表され、そしてついにという感じ。まさしく王道アイドルという感じの可愛いステージだったなと。

  • そこから畳み掛けてくる『情熱ファンファンファーレ』。コールを入れて会場一体となって盛り上がってこそ本領を発揮する曲という感じでとても楽しかったです。

  • 念願のオリジナルメンバーでの『Tulip』! 福岡のTulipを見ていたからこそ、本家メンバーで同じ位置にるるきゃんがいるのを見ると良さを感じますね。そしてLiPPS勢の仲の良さがすごい。

  • Yes! セレンディピティ種崎敦美は毎回コメントが面白すぎて5thで一気に好きになりましたね……。最後までいいところを持っていったなと。

  • そしてのじょさんの最後の挨拶。「莉嘉ー!生まれてきてくれてありがとー! 私も生まれてきてよかったー!」と「城ヶ崎莉嘉「と」山本希望でしたー!」でグッと来てしまいました。キャラクターと演者さんの関係性をどう考えるかは演者さんによって様々ですが、この「キャラと一緒にステージに立っている」というスタンスはとても好きというか、莉嘉ちゃんとのじょさんの関係性としてとても良いなと思いました。福岡そしてSSAと、莉嘉Pとしてはラストに怒涛の素晴らしい体験をできたライブでした。ありがとう!

今回のライブツアーのコンセプトは「誰もがシンデレラ」ということだと思っていて、シンデレラガールズの誰が出演しても変わらずそこに「シンデレラガールズのステージ」を作れるのだということを示したツアーだったと思います。そしてそれをSSAでも貫いたことを評価したいなと。安易にサプライズに頼ったりせず、ニュージェネレーションズを必要以上にフィーチャーすることもなく。シンデレラガールズの主要メンバーはシンデレラプロジェクトなのだというイメージをつけてしまったアニメの文脈を4thで一度回収しきった上で、改めてシンデレラガールズの路線を示した。1日目の最後のりっか様のコメントもそういうことだったのかなと。

その一方で、「特定の誰か」の活躍を求めるのは限界に達しつつあるなと感じたライブでもありました。人数が多くなるということは、相対的に1人あたりの出番は減るということで。ユニット曲の構成人数を増やすなりして出番を確保しても、相対的に個々の印象は薄まってしまう。今回はツアー形式だったので地方公演をしっかり追いかければ皆活躍の場はあったけれど、こういうSSAのような場になるとどうしても厳しい面は出てきちゃうかなと。シンデレラガールズ全体を見て誰が活躍しても楽しめるなら楽しいライブになるけれど、やっぱり担当の活躍が一番嬉しいわけで。今後どうハンドリングしていくのか難しいところだなと思います。

とはいえ今回のSSA公演は莉嘉Pとしては大満足の最高の公演だったので良いんですけどね! 『SUPERLOVE☆』やるし『SUN♡FLOWER』やるし『リトルリドル』やるし『Radio Happy』やるしで文句などないです。そんな訳で次の展開も運営を信じて期待して待ちたいなと。次回はドームということでチケット戦争もマシになることを願いつつ……。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! 2017.07.29-30@FUKUOKA

やっぱり城ヶ崎莉嘉が大好きだなあって思ったんですよ。

シンデレラ5thツアー、最後の地方公演となる福岡。福岡がツアー初参戦のメンバーが多くてとても強かったわけですが、何といっても2日目の7月30日は自分の担当アイドルである城ヶ崎莉嘉ちゃんの誕生日で、そしてこのライブにはのじょさんがいる! 担当の誕生日をライブで祝えるとなれば行くしかないというわけで、行ってきました2days現地参戦。

センターが大坪由佳というのもなかなか予想外でしたが、安定したトーク回しで流石でした。嬉しかったのが、2日目の最初のMCで莉嘉ちゃんの誕生日にガッツリ触れてくれたところ。MC中でサラっと触れる程度になるかと思っていたので、会場全体の「おめでとう!」でのじょの目から豚骨スープを染み出させるような流れになるとは思わなくて。莉嘉ちゃんの誕生日を現地でお祝いできて本当に良かった。そしてキャストみんなで「次の曲は……『SUPERLOVE☆』!!」って言ってくれたわけですよ。もうこれだけで泣きそうでした。

そんな訳で『SUPERLOVE☆』、ただただ最高でした。あの涙の状態からちゃんと持ち直して完成度高いパフォーマンスを見せてくれたのもそうだし、でもやっぱりDメロあたりでちょっと泣いてたところも含めて目頭が熱くなりました。誕生日当日にライブでお祝いできるっていうのはなかなかないので、実にセレンディピティだし、本当にメモリアルな1日になったなと。福岡まで来た甲斐がありました。最高だった!

  • やっぱり下地紫野はポテンシャル高いなあと思わされた『恋色エナジー』。この曲大好きなんですよね。中野有香にソロ曲と聞いて想像してたのは「押忍!正拳突き!闘魂注入!」みたいな曲だったので、こんな可愛い乙女な曲がくるとは予想外だったのですが、これがまた良い曲で。しのしー自身の可愛さも相まってもう最高でした。特に大サビで前に手を向けて歌うあの振りがもう大好きで。あのポーズに弱いんですよね……

  • 『lilac time』も良かったです。ふとした時に口ずさみたくなるような明るい曲調が相葉ちゃんにぴったりだなあと。花かんむりもよく似合ってました。

  • 『Nothing but You』、センターに立つしのしーがとにかく可愛い。小さい体ながらこのかっこいい曲をビシっと決めてるところがたまらんです。あと自分を曲げたわけじゃないけど猫耳を外したなつねえ貴重。

  • 髪が生えた高田憂希による『桜の頃』~『祈りの花』、静かな曲ながら結構しっかりと動いていて、安定感のあるパフォーマンスでした。枝を持ってくるくるっと優雅に回るところとかすごく良くて、そりゃあ社長も「枝になりたい」と言おうというもの。『Take me☆Take you』は5周年ニコ生からの2回目ですが、あの時からの成長をしっかり感じるステージでした。最後の挨拶であの「やる気と元気はユウキから!」って持ちネタを披露したりと色々流石でした。

  • 『おかしな国のおかし屋さん』、1日目のしきくん王子もさることながら、2日目の春野ななみ王子が意外すぎて笑いました。ここでオチを作ってくるとは! しきくんのマイクが入ってなかったのを察知して直後のMCでフォローしたりと、大坪社長のMC力も流石。

  • 最近莉嘉ちゃんとの絡みが多い加蓮ですが、そんな加蓮の2曲目『Frozen Tears』がとても良かったです。渕上舞の安定感というか、やっぱり歌うまいなと。1曲目の『薄荷』も含めて加蓮曲はほんと好き。『薄荷』も2nd以降聴けてないのでそろそろ聴きたいなあ。

  • そしてそこからのまさかの奈緒加蓮による『Memories』! アニメ1期の曲はここまでやってなかったので不意打ちでしたが、これが最高でした。怒られそうですが、これまでのどの『Memories』よりも胸に来た。シンメトリーなダンスもピッタリ合っててすごく良かったし、やっぱり奈緒加蓮でのこの歌ってのは響くものがあります。二人が手を合わせたり、目を合わせたりするひとつひとつの所作から良さを感じる。良いものを見せてもらいました。なおかれ最高。

  • ソロ曲トリを飾った『Neo Beautiful Pain』、凄かったです。福岡でのベストアクトはこの曲じゃないかなと。この曲奈緒のイメージにはちょっと合わないのではとか思ってたんですが、あれだけのパフォーマンスを見せられたらもう何も言えないし、めちゃくちゃカッコ良かったです。このどこか無機質な曲にあれだけの感情と爆発力を乗せてくるの本当に凄かったし、あの「リハでやったら怒られなかったので入れた」という飛び上がって殴りつけるような振り付けなんて見た瞬間「うおおお!!!」って思わず声が出てしまうほどでした。素晴らしかった。

  • 『Tulip』。セトリ予想してたときも莉嘉ちゃんのTulipが見たいんだ!と予想に入れてたので嬉しかったです。ずっとのじょ見てた。お姉ちゃんに憧れてセクシー路線を目指す莉嘉ちゃんにとって、この曲を歌えるのは凄く嬉しかったと思うんですよね。しかも美嘉と同じ位置というのがまた良くて、これは美嘉がいないライブだからこそ。美嘉がいない状態で莉嘉ちゃんが出演するのって確かこれが初なので、そういう意味でも貴重なステージでした。

  • 途中の「すいとうよ選手権」も最高でした。やっぱり個人的優勝は莉嘉ちゃんだなと思います! 2日目しか映像化されないという噂がありますが、ぜひともここは両日収録していただきたい……! ちなみに1日目の個人的優勝は奈緒です。

  • ラスト挨拶、のじょさんの挨拶にグッと来たのはもちろんですが、種崎敦美が一番右端という位置に立っていることについて言及していたのが色々示唆に富んでいて面白かったです。センターの役割とか、その周辺のメンバーとかについて考えたことはあるのですが、端の役割というのは考えたことなかったなあと思って。そしてゆい㌧とかが立っている右端という位置は、湿っぽくなってしまう最後の挨拶の流れを吹き飛ばす役割があると思うので、そういう意味で種崎敦美は実に適任でした。さすがビコーズ種崎。九州最高!

  • そして大坪社長のセンターとしての挨拶も良かったです。上でも書きましたがMC含めどっしりとした安定感があって、福岡公演をより良いものにしてくれたなと。ありがとう!

ライブも最高でしたし、牧のうどんも食べたし、福岡満喫できました(●・▽・●) ライブとかないとなかなか来ない場所ですし、莉嘉ちゃんがいなかったら来なかったであろう地方公演なので、楽しめて良かったです。『リトルリドル』がなかったのだけは残念ですが、まあそれはまたの機会に。SSAでやるかもしれないですしね!

次はいよいよSSA……というかこれを書いてる今あと1時間でSSA初日が始まろうというタイミングなのですが。各地でバトンを繋いできたこの5thツアーが千秋楽で何を見せてくれるのか、楽しみです!

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! 2017.07.08-09@MAKUHARI

幕張公演は宮城ぶりの現地ということで楽しんでまいりました。圧倒的な酷暑の中でしたが、天気は良かったので一安心。九州方面は大荒れということで、3週間後に控えていた福岡公演については不安になることしきりでしたが!

  • ここでセンターるるは予想してなかったなあ。

  • 念願の『Radio Happy』でいきなりブチ上がる。ななみん可愛すぎる。あの溌剌と踊る姿がもう唯なんだよなあ……。現地でUO折ってナナナナナ出来たので大満足です。チューチュートレインも決まってました。2日目ラスト挨拶では「私の夏はまだまだこれから!」とWUGツアーを示唆する発言をしてましたが、もっとシンデレラでも見たかったなぁ。

  • 『ステップ!』、やはり飯屋さんの安定感は流石。そして間奏での台詞が凄く良かった……。2日とも違う台詞だったけど、どちらもプロデューサーに響く台詞でグッと来てしまった。

  • 『あいくるしい』、全体的にちょっと声量不足を感じる中で、デレライブ初参加の藤田茜がしっかり声を出して引っ張っていた感があって印象的でした。

  • 椅子に座って登場した『in fact』が流石でした。まだ進化するのかこの曲は、と言わんばかりの感情の、想いの込め方にまた泣きそうに。演出に一切頼らずにキャラクターを表現するその実力。3rdライブと同じ幕張の地だからこそ感慨もひとしお。素晴らしかったです。

  • そしてそのまま『この空の下』に繋がるというのがまた。ありすが一人で『in fact』を歌い上げたその次の歌い出しが『聞こえてくる、みんなの声が』ですよ。もう泣く。『in fact』→『この空の下』通して今回の幕張のベストアクトだったかなと思います。

  • 『AnemoneStar』ではふーりんの進化を見せてくれたなと思います。力強い声は確かにSSAからの成長を感じるパフォーマンスだったなと。

  • 『命燃やして恋せよ乙女』、間奏の「永遠の17歳、乙女!」「ビール大好き、乙女!」「流されやすい、乙女!」が面白すぎたという記憶ばかりが残っており。いくつになっても乙女ですねぇ。

  • どんな昭和曲が来るのかと思っていたらパッション全開だった『SUN♡FLOWER』楽しい! 前奏のギターからすごく好きです。ひたすらななみんを見てました。

  • セクギャルが揃った『Snow Wings』。セクギャル良さ…。

  • 『Can’t Stop!!』、現地なのをいいことにひたすらななみんを見てました。キレッキレであった。

  • 響き渡る重低音、これはおかしな国の……って思ったら違いました『With Love』。とても清く尊い歌だったなと。

  • 総選挙曲『Take me☆Take you』。地味に歌詞が響くいい曲だなあと。昨日の目的地、明日には通過点。

  • そしてようやく来た「チーム紅」による『Tulip』。あしゃかさんが歌ってるのに気付いてしまったのでひたすらあしゃかさんを見ておりました。ほんとキレッキレすぎて笑う。腰を落とすような振りがあるのですが、短パン衣装でめっちゃ腰を落とすもんだからまるで準備体操をしているかのようなポーズになってたの面白かったです。11歳の腰付き、最高でした。

  • MCはめっちゃ安定していた印象。やはり杜野まこが強すぎる感がある。みーな姫があのパフォーマンスを見せたあとでどんな座り方しててもin factだねってネタにされてしまうあたりがシンデレラ一門なのであった。

  • 1日目最後の挨拶であしゃかさんが千枝になってからの心情を吐露していたのがとてもグッと来ました。少しずつ自信を持てるようになっていく過程はほんと千枝ちゃんだと思うし、なんかもうほんとファンだなあと。

  • 2日目最後の退場時、るるが「アイマス最高!」って叫んでいるのを見て不覚にもグッと来ました。るるのこれまでを知っているからこそ来るものがある公演だったなと思います。

そういえば4月にもこの幕張イベントホールで今井麻夏藤田茜見ていたなあ……と思い返す幕張公演でした。5thは全体的にLVで楽しんでいたわけですけど、やっぱり現地は強い。好きな人を延々見ていられるのって最高ですね。

次はいよいよ地方公演の大本命・福岡! 成長した莉嘉ちゃんの姿を目に焼き付けるとともに、お誕生日を盛大にお祝いしましょう!

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! 2017.06.24-25@SHIZUOKA

7ヶ所14公演とものすごく多く感じていた5thツアーももう折り返しということであっという間だなあと。結局LV含めて全公演行きそうで、やっぱりシンデレラガールズ好きだなあと思います。

  • YPTがるーりぃセンターだったのでのんびりCoリウム準備してたら突然流れる『Romantic Now』が不意打ちすぎて。しかもなっぴーと一緒とかもうどうすればいいのか。なっぴーと一緒に歌うパターンは予想してたけど、いきなり最初からフルスロットルで攻めてくるとは思わなかった。感想の「たのしかったです!」まで含めて最高にみりかおで至福でした。特に間奏でふたりが背中合わせにわちゃわちゃしてるところが尊すぎた。1stぶりのフルでのろまなうを堪能できました。なーう!

  • 『ニャンと☆スペクタクル』、初披露のSSAでは早口パートの後に休憩タイムが挿入されていたこともあり今回「オリジナルバージョンでは初」って言ってましたけど、早口の後そのまま歌い続けられるようになったところになつねえの努力と成長を感じました。なつねえが完成度を高めてきたからこそP側のコール練度が低いのが残念ですが……

  • 『Heart Voice』。牧野由依はどの曲を歌ってもしっかりと佐久間まゆであり続けるのが本当役者魂を感じて素晴らしいなと。まゆがオリジナルメンバーで歌っている曲ではないのに、「恋なの」ってパートを歌うだけでゾクッとするあの感じ。

  • 中島由貴『追い風Running』がなんかもう完璧でした。静岡の個人的ベストアクト。安定した力強い歌声、ダイナミックでキレのあるダンス。スラッとした立ち姿もキマってて、それが乙倉ちゃんとマッチしてて完璧としか言いようがなかったです。アーススタードリームというアイドルユニットのメンバーとのことで、経験に裏打ちされた実力を感じました。圧倒的なアイドル力の高さ。今後も楽しみです。

  • もよちー参加の『shabon song』。シャボン玉をふーってやるところが可愛かったです。あとはMCで話していた「みりあはこれからお姉ちゃんになるんだよ」っていうディレクションの話も面白かった。

  • 『絶対特権主張しますっ!』、2番に入っての「優しすぎる、それも事実」あたりのなっぴーの表情がとても良かったです。薫ちゃんがあの表情してると思うともう悶えるしかないよね。

  • 『Love∞Destiny』、やっぱりまきのんが最高なのに加えて、フレッシュなしまゆきちゃんも存在感を発揮してて凄かったです。ほんとキレが良いんだよな……。

  • 『ハイファイ☆デイズ』、前川みく(10さい)のボス猫感がすごかったのはさておき、本当気持ちよく叫べる曲で、やっぱり楽しすぎるなこれ……。静岡公演はこれとろまなうを聴きに来たと言っても過言ではない。

  • みりあもやーらない!

今回は4thのBDが発表されましたが、SSAだけ買うつもりでいたらBD-BOX(35k)のみの販売で、セット販売かーそっかー……ってライブ中にテンションが下がってしまったのは秘密。最近のコロムビアはほんと売り方がえげつない……。

さておき、次の幕張は初日が現地予定なので今から楽しみです。やっと唯ちゃんを現地で見られる!